基礎練習TOPへ

■オルタードスケール
 ★このスケールやフレーズを練習するのは、基礎練習1から6を練習して余裕が出てきてからの方が良い
  かもしれません。ただ、特定のコードのフレーズを一点集中的に練習して、自分が得意なコードのときに
  使いながら徐々にそれを増やしていくという方法で覚える人もいるとは思います。2005.11.15追加
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 

○このスケールを使ったフレーズを
こちらのページに掲載しています。
 
○オルタードスケールを使ったアドリブの例は、例えばこのコピー譜の中にいくつか示してあります。
 
○オルタードスケールをいくつか覚えることは比較的簡単に出来るように思えます。しかし、全てのドミナン
  トセブンスコードでのオルタードスケールを覚えるのは、初心者にとってそう簡単ではないですね。
 ○私は、どういう音の並びで覚えるかを決めるだけで一週間以上悩み、全てのオルタードスケールを覚え
  るのに約1ヵ月かかりました。覚え方で考えたのは次の点です。

 1、コードのルートの
半音上の音から始まるメロディックマイナースケールと覚える。
  
 (メロディックマイナースケールの7番目の音から並べたスケールです)2005.11.7追加
 2、
コードトーンとの関係を重視した音の並びから覚える。
 3、
臨時記号の見やすさを重視した音の並びから覚える。
 4、音の並びの
規則性を同じにした音の並びから覚える。
 5、コードによって
1から4を選択して覚える。

 ★オルタードスケールがややこしいのは、
1から4が同時になりたたないためです。プロの演奏家でも人に
  よって教え方が違うといったこともあります。
 ★下の楽譜は、同じオルタードスケールでも
音符の書き方が違う例です。1オクターブ12の音+異名同音
  
の数だけのオルタードスケールがあります。
 
★全てのオルタードスケールを覚えたいとか、オルタードスケールでできた一つのフレーズをいろいろなキ
  ーで出来るようにしたいという時は、
どの覚え方にするかをよく考えないと大変です。

 
例を2つ挙げて説明します。
  G7について   1〜4は同じ音から出来ているオルタードスケールですが、教則本や理論書を見るとあ
            るページでは2の書き方なのに別のページでは3の書き方などということがよくあります。

  Ab7について  5〜8は同じ音です。異名同音の音の書き方について、5番は2番と全く同じ規則性を持
            っています。6番は4番とほぼ同じ規則性を持っています。Ab7を=G#7としているとも
            考えることができます。7・8番と4番は似た規則性を持っています。

  
★どの音の並びで覚えるかを全てのセブンスコードで決めてから練習を始めた方がいいと思います。