基礎練習TOPへ

■ブルースフィーリングのスケールを3種類、Dで示しました。
 
〇コンサートキーでは「Fのブルース」で、よく演奏されるブルースのキーです。
 
 下のスケールは、「コピー譜・音源リスト」の中の「Dのブルース」のアドリブをする時に使えます。
 ○ブルースの曲でなくても、ブルースフィーリングを出したいときに使えます。
 
○このスケールを使うと、コード進行に関係なく(どのコードの時でも)アドリブをすることが出来ます。
  1曲の中で、ペンタトニックスケール・ブルーススケール・コードに合わせたスケールを使い分けて
  アドリブをすることもOKです。

 ○このスケールを使うには、フレーズで音使いを覚えてしまうのがポイントです。例示したフレーズは「Dブル
  ーススケール」によるフレーズです。

「アドリブ練習2」のサイトにもサンプルの楽譜を少し掲載しています。


 ★ブルーススケールはメジャースケール+ブルーノートですが、下の楽譜に示したブルーススケールは全ての
  音ではなく、音を選択して書いています。(その方がアドリブがしやすいので)