基礎練習TOPへ

■コードトーンの練習その2
メジャーキーの5度セブン
(一時的な転調をした場合の5度セブン「セカンダリードミナント」の場合も同じ)

★ポイント
 1、コードを見た時に、コードトーン(1・3・5・7)とテンションノートの一つである9thの音がすぐ頭に浮かぶ
  (音に出せる)ようにする練習です。テンションノートについてはこちらのページで説明しています。
 2、5度セブンでなくてもセカンダリードミナントの練習にもなります。(音が同じ)
 3、マイナーコードに行く前のセカンダリードミナントコードとしての練習は、「マイナーキーの5度セブン」の
  ページに掲載しています。
 4、
キーの調号をイメージすれば、何の音にシャープやフラットが付くかというのがすぐ分かります。
    
例・・・2番目の楽譜の場合
       ・Aフラットの音がメジャースケールの5度の音なので、Aフラットの完全4度上の音がトニック(主
        音)と言うことになります。Dフラットの音です。
       ・キーDフラットメジャーの調号はフラットが5つ、「シ・ミ・ラ・レ・ソ」に付きます。
       ・従って、コードの「ラ・ド・ミ・ソ・シ」という音を出す時に、「ド」以外はフラットを付けます。
       ・アドリブをする時にこれ以外の音を使う場合、「レ」にはフラットを付けるとか、「ファ」にはフラット
        を付けないということも分かってきます。言い換えると「ミクソリディアンスケール」ということで
        す。(5度セブンはテンションノートが多いのでこれ以外の選択肢も多いです)
        

       ★調号の覚え方は、こちらのページの下の方で説明しています。