基礎練習TOPへ

■コードトーンの練習その6
マイナーキーの1度マイナーメジャーセブン
 □mM7のM7を省略して書くということもよくあります。

★ポイント
 1、コードを見た時に、コードトーン(1・3・5・7)とテンションノートの一つである9thの音がすぐ頭に浮かぶ
  (音に出せる)ようにする練習です。テンションノートについてはこちらのページで説明しています
 2、キーの調号をイメージすれば、何の音にシャープやフラットが付くかというのがすぐ分かります。
    
例・・・2番目の楽譜の場合
       ・キーBフラットマイナーの調号はフラットが5つ、「シ・ミ・ラ・レ・ソ」に付きます。コードBbmM7の
        時は7thの「ラ」のフラットを外します。
       ・スケールは、「ハーモニックマイナースケール」です。トニックマイナーは、この他に「ナチュラ
        ルマイナースケール」「メロディックマイナースケール」があります。

 
○教則本などを見ていると、例えば下の楽譜の4番目CmM7のコードトーンを「ド・レ#・ソ・シ」と書いてあ
 るというようなことがよくあります。音は合っていますが、こういう覚え方をするといろいろな面で大変だろうと
 思います。