基礎練習トップへ

■ハーモニックマイナースケール (2005.12.2 少し書き換えました)
 ○トニックマイナースケールは3種類あります。(ナチュラルマイナースケール、ハーモニックマイナースケ
  ール、メロディックマイナースケール

 ポイント・・・初心者はハーモニックマイナースケールを覚えることをお勧めします。
 理 由・・・・マイナーキーの5度セブンスのスケール(ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウ)が簡単
        に覚えられます。余裕が出来たら他のスケールも練習すると良いと思います。
 例・・・・・・・(1) Aハーモニックマイナー(ラシドレミファソ♯ラ)
        (2) Eハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウ(ミファソ♯ラシドレミ)
            Amキーのハーモニックマイナースケール(1)をミから始めると、(2)のスケールになる。

 ○ハーモニックマイナースケールやハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケールは、マイナーキ
  ーの曲だけでなく
メジャーキーの曲でも使います。例えば、メジャーの曲でも途中に「Bm7(-5)ーE7ー
  Am」というコードが出てきたら、Aマイナーの2−5−1のスケールを使います。
    ・Bm7(-5)・・・ロクリアン(シドレミファソラ)
    ・E7・・・・・・・・・ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウ(ミファソ♯ラシドレミ)
    ・Am・・・・・・・・ハーモニックマイナー(ラシドレミファソ♯ラ)

 ○ハーモニックマイナースケールを練習するときは、対になるメジャースケールと一緒に練習すると覚え
  やすいです。例えば、CメジャースケールとAハーモニックマイナースケールです。同じ調号になっていま
  す。これを
平行調と言います。
※アドリブ上達のためのポイント
 デイリー・エクササイズのページは、ここで説明したことに配慮してあります。

 1、トニックマイナーコードを意識して練習します。例えば、キーAマイナーのスケールを練習する場合は、 
  コードAmの「ラドミソ#シ」を意識します。

 2、9thまで使って練習します。下降の時は9thから始めます。理由は、コードトーンが拍の裏に来ないよう
  にするためです。そうすると、コードの感覚がつかみやすくなり、この感覚がアドリブをする時とても役に
  立ちます。
 例、Amで、「
ファソ♯」と上がり「ソ♯ファと下がる。
   このスケール練習で、コードトーン+9thのラドミソ♯シの感覚もつかめます。
   下降の時 「ソ♯ファ」となっては、Amのコードの感覚がつかめません。
   上がる時の2オクターブめでも、ファソ♯」ではコード感覚がつかめません