フレーズ練習メニューへ

■2−5−1フレーズ練習その7

★練習の手順
 1、楽譜を見て練習します。
 2、コードネームを見て、迷った時だけ音符を見るようにして練習します。
 3、コードネームだけを見て練習します。

★ポイント
 
・調号は書いてありませんが、初めのうちは調号をイメージすると音が分かりやすいです。
   例えば、3・4小節目だったらFに落ち着くのでキーはF。Fメジャーの調号は「シ」にフラットが付くという
   のを考えながら練習すると音を覚えやすい。
   何度も練習すれば、コードネームを見ただけで何も考えないでもこのフレーズが演奏できるようになりま
   す。
 ・何のキーの曲であっても曲の途中に下記のコード進行が出てくれば下記のフレーズを当てはめることが
  出来ます。例えばキーがAマイナーの曲でも「Gm7−C7−F」というコード進行が出てくれば「ソシ♭レ
  ファミレドシ♭ラ」というフレーズが使えるということです。(一時的な転調)
 ・小節番号13と25の音は同じです。
 ・キーは4度ずつ上がっていきます。
 ・音はコードトーンで上がり、スケールの音で下がった後最後に3rdの音に落ち着きます。

※小節番号11のコードがE♭7となっていたのでE♭m7に訂正しました。