フレーズ練習メニューへ

■マイナーキーの2−5−1練習その1 フレーズ」
 ・ジェイミーの教則本Vol.3に付いているCDのカラオケに合わせて、下の楽譜の練習ができます。
  下の楽譜は、ジェイミーに書いてあるフレーズより
簡単で覚えやすいフレーズにしてあります。
  また、
調号を使って書いたので覚えやすいと思います。
 
★カラオケのCDは4番目です。
 
★m7(♭5)・マイナーセブンスフラットファイブと、○に斜線の記号・ハーフディミニッシュは同じ音です。

 ・この教則本のマイナー2−5−1のスケールやキーは初心者にとっては難しく、使用度の低いもので書
  いてある部分(アルトサックスだとP20など)がありますが、下の楽譜では、スケールとキーは練習しやす
  く、使用度の高いものにしてあります。(どちらもカラオケCDと合います)

 
・ジェイミーのP20(アルトサックス用のページ)のX7では、オルタードスケールが示してありますが、私の
  示した練習楽譜では
ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケールにしてあります。

 ・
オルタードスケールは覚えるのが難しいです。同じ教則本の同じオルタードスケールでもページによって
  違う音(異名同音)で書いてあったり、教則本によっても違うことがよくありますから、覚え方や練習の仕方
  をよく考えないと、12キーで覚えるのは簡単にはいかないと思います。
 
 ・この楽譜は、順番を変えればどの楽器でもカラオケCDと合わせられます。
 ・下の楽譜を練習した後に、楽譜を見ないでコードネームだけを見て演奏できるようにします。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
・カラオケに合わせて繰り返し練習を沢山すれば、実際に曲のアドリブをする時に、コードネーム
  を見た瞬間に覚えたフレーズが自然に出てくるようになります。

同じことを練習する場合にも、身につきやすい練習方法と身につきにくい練習方法があります。私は、アドリ
 ブの練習をする場合、いろいろな場面でこのことをよく感じます。
★マイナーキーの2−5−1フレーズは、例えば「枯葉」で言うと、「F
m7(♭5)ーB7−Em」(アルトサックス)
  の部分で使えます。下の10番のフレーズです。
          (↑この付け忘れてました)