フレーズ練習メニューへ

■マイナーキーの2−5−1練習その2
 
・フレーズ練習の元になる、スケール練習です。
 ・ジェイミーの教則本Vol.3に付いているCDのカラオケに合わせて、下の楽譜の練習ができます。
 ・カラオケは、CDの4番目です。下の楽譜はアルトサックス用の並び順になっていますが、順番を変えれ
  ば、どの楽器でもCDと合わせられます。

 ・ジェイミーの教則本のマイナーキー2−5−1に示してあるスケール(アルトサックスはP20)とは変えてあ
  ります。下の楽譜に示したスケールが基本なので、まずこれを覚えることが必要です。

 ・下の楽譜を練習した後に、楽譜を見ないでコードネームだけを見て演奏できるようにします。
★下の楽譜からコードネームだけを抜き出してそれだけで演奏できるようにするためには、練習をする時に
  次のようなことに留意すると良いかもしれません。
 1、右端のコードはTのコードなので、それを見てキーが何であるかを考える。
 2、そのキーは、♯(♭)がどこに付くかを考える。(これの覚え方は練習のポイントP1)
 3、2で考えた♯(♭)を意識してUのコードのスケールを演奏する。
 4、X7とTのスケールを演奏する時は、Tのルートの1音下の音が半音上がる。
 
 2番目を例にして説明すると次のようになります。
 1、Gmを見て、キーがGマイナーであることを確認する。
 2、シとミに♭が付くことを思い出す。(フラット系のキーは、フラットがシミラレソドファの順に付きます)
 3、Am7(♭5)は、シとミに♭を付けて「ラシドレミファソラ」と演奏します。
 4、D7はシ・ミに♭を付け、ソの1音下の音ファに♯を付けて「レミファソラシドレ」と演奏します。
 5、Gmもシ・ミに♭を付け、ファに♯を付けて、「ソラシドレミファソラ」と演奏します。ラは9th。

★練習時間が沢山ある人は、ここで説明したことは考えないで、楽譜を見ての練習を毎回沢山やって丸暗
 記してしまうというという方法もありますね。ただ、いろいろなことが頭にイメージできた方がフレーズ練習等
 に役立つように思います。