フレーズ練習メニューへ

■マイナーキーの2−5−1練習その5 フレーズ4」
 ・ジェイミーの教則本Vol.3に付いているCDのカラオケに合わせて、下の楽譜の練習ができます。
 ★カラオケのCDは4番目です。 CDと合わせる場合は、下の楽譜の各段を2回ずつ繰り返してください。
 ・ジェイミーのP20(アルトサックス用のページ)のX7では、オルタードスケールが示してありますが、私の
  示した練習楽譜では
ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケールにしてあります。

 
・2小節目の音使いについて(1段目のE7を例にして説明します)
   
・マイナーキーの5度7のコードなので、コードトーン+9thは、「ミ・ソ♯・シ・レ・ファ」
   ・「ラ♯」は、コードトーンの「シ」に半音下からアプローチする音です。
     
こういうのが、コードトーンを拍の表にしなくても良い感じになる例の一つです。
   ・「レ♭」は、E7の「レ」から半音下がって次のAmの「ド」につながる音です。


 ・1段目で言うと1小節目の「ファ」は、少し短めの音で演奏すると良い感じになると思います。


 ・この楽譜は、順番を変えればどの楽器でもカラオケCDと合わせられます。
 ・下の楽譜を練習した後に、楽譜を見ないでコードネームだけを見て演奏できるようにします。