フレーズ練習メニューへ

■Vm7-Y7-Um7-X7-T フレーズ

 ★ポイント
  1、このコード進行は、「シークレット・ラブ」でも出てきます。
  2、下の楽譜の「Em7」は「C」とよく似ています。
    ・トニックコードであること。
    ・
キーがCメジャーの場合、C、Em7、Am7のアボイドノートは「ファ」の音です。
  3、「コードトーンとスケールの決め方」のページに示した説明を参照してください。そのページの下に書い
    たアドリブ例1、2は、音の長さを変えればこのページのコード進行でも使えます。

 ※
アボイドノート・・・・・・・・強調させない方が良いメロディラインを作りやすいという音。

                                                  ・キーCメジャーの場合
 ※
トニックコード・・・・・・・・落ち着く感じになる。                       C、Em7、Am7
 ※
サブドミナントコード・・・少し変化を与える感じ。                     Dm7、F
 ※
ドミナントコード・・・・・・・緊張感のある響きでトニックコードへ落ち着こうとする。  G7、Bm7(♭5)


ここをクリックすると、下の楽譜をアルトサックスの音色(inE♭)で再生させた音が聴けます。
 ファイルサイズを抑えているため音質は悪いです。