フレーズ練習メニューへ

■セブンスコードの例 12キー
 〇最初の2つだけ音符を書いています。残りはコードネームだけを見てやってみてください。

 
ポイント
 ・キーが変わっていくので慣れてないと初めのうちは「次は何の音?」とか「♯や♭は付けるの?」というよ
  うなことを迷うかもしれません。次の点を意識するとやりやすくなります。

   1、初めは
ルートの音から始まる。
   2、次の音は1音下がる(
7thの音)。
   3、その次の音は
5thの音。
   4、セブンスコードの最後は5thの音を
半音上げる。
   5、最後は一度のコードの
3rdの音に行く。

  12キーのメジャースケールとコードトーンを練習してあって、上記のことを意識すれば1回目からできる
 かもしれません。