フレーズ練習メニューへ

実際のアドリブ 2005.11.15少し追加
・「スケールやコードの練習をし、フレーズも覚えたけどアドリブができない。なぜ?」
 私がアドリブの練習を始めた頃こんな疑問がいつもありました。教則本を読んでも人に聞いてもよく分かり
ません。そこで、
カラオケに合わせて覚えたフレーズの音やリズムを変えてやってみるという練習をしま
した。
・下に示したのは、私が行った一つの練習方法です。1小節ずつ説明してありますが、実際は途中の段は、
 いちいち取り出して練習しないで、どんどんアドリブ練習をしていきます。その過程で、途中の段に示したよ
 うなことを意識してみるといった感じです。
・フレーズを覚えてアドリブ練習をしているとすぐには思い出せない音やリズムがあったりします。そんな時に
も、カラオケに合わせようとして自分なりの音使いが自然に出てくるようになります。そして、少しずつ自分の
アドリブができるようになってくるということもあります。

★応用練習
 2−5−1のフレーズを1つ覚えたら、それを例えば「枯葉」のキーに当てはめて少しずつ音やリズムを変え
てやってみるといった練習方法も良いかもしれません。例えば、こちらのページの2−5−1と書いてある部
分です。キーが違うので、キーに合わせて移調する必要があります、メジャーキーとマイナーキーの違いも気をつける必要があります。

ここをクリックすると、下の楽譜を再生させた音(inC)を聴くことができます。バックのコードにテンションを入れ
てみたところもあります。