フレーズ練習メニューへ

■アドリブのしかた
 1番の楽譜を見てアドリブをするとき、何をどう考えてやればいいでしょうか?

 ・先日ビッグバンドの練習に行ったら、楽譜の途中にソロと書いてある小節があったのでこのページ
 を書いてみました。1番の楽譜です。(最近アマチュアのビッグバンドに入れてもらいました)

★下の楽譜の説明
1、1番の楽譜を見て、キーとコード進行を考えます。
 ・調号にb1つ付いていますが、コードネームから部分的な転調をしていることが分かりますからこれ
 は無視します。
  ♭1つのキーは、FメジャーかDマイナーですが、Fメジャースケールには#の音はないですし、D
 マイナースケールには、「ファ#」がありません。

2、2番の楽譜は、以下のことを考えた結果です。

 ・初めのコードはm7(b5)なので、マイナーキーの2度の可能性をまず考えます。
 ・次のコードはルートが4度上がったセブンスコード、最後はさらにルートが4度上がったマイナーコ
 ードなので、マイナーキーの2−5−1ということが分かります。
 ・キーはBmで、調号は♯2つ「ド・ファ」に付きます。

3、3番の楽譜は、コードトーン(+9th)は何の音か、♯やbが付くかどうかを考えた結果です。

4、4番の楽譜は、3番の楽譜で考えたことを1番の楽譜に当てはめたものです。

 ・調号があることを想定して、「ファ・ド」に#が付くようにします。
 ・2小節目から4小節目までは、調号+「ラ」に#を付けます。
 ・3・4小節目でメロディックマイナースケールを使う場合は、「ソ」にも#を付けます。
 ★これで、自動的に、1小節目はロクリアンスケール、2小節目はハーモニックマイナーパー
 フェクト5thビロウスケール、3・4小節目はハーモニックマイナースケールを使うことになりま
 す。


5、5番の楽譜は、1〜4を考えてアドリブをした例です。

 ・コードトーン中心にフレーズを作っています。拍の表にコードトーンが来るようにしてあります。

6、5番のことを頭において1番の楽譜を見ながらアドリブをすると6番のようになります。

7、7番8番の楽譜は、別のアドリブ例です。

 ・8番のF#7で
オルタードスケールを使っています。オルタードスケールを使う場合は、3番4番で
 書いたコードトーンやハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケールとは別の音を使います。

ここをクリックすると、下の楽譜(inE♭)の再生音が聴けます。3(4)・5(6)・7・8番の楽譜です。