フレーズ練習メニューへ

■アドリブのしかたその2
 下のアドリブ例で、1番・6番はなぜ良くないのでしょうか?
 ・魅力的なアドリブかどうかではなくて、あきらかに良くないアドリブという意味です。良くないアドリブと
 そうでないアドリブの違いが分かるとアドリブもしやすくなりますね

★下の楽譜の説明
1、1番の楽譜
 ・スケールの音を使っているのですが、コードに当てはまっていません。敢えてコードトーンが拍の表に
 来ないようにしてみたので、他の例と聴き比べてみてください。アボイドノートも強調しています。
2、2番の楽譜
 ・1番のアドリブ例をコードに当てはまるように音を少し変えた楽譜です。コードトーンが拍の表に来るよ
 うにしてあります。
3、3番の楽譜
 ・1小節目の2拍目はコードトーンではないですが、「ソ・ミ」が3拍目の「ファ」に向かって上と下からア
 プローチ
する形になっているのでOKです。外した感じにはなりません。
4、4番の楽譜は
 ・コードトーン+9thで上がってスケールで下がってくるだけです。シンプルでやりやすいアドリブです
 が、1番よりずっといいですね。1小節目の4拍目からG7ビバップスケールで下げてみました。
  
G7ビバップスケール=ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ファ#・ソ
5、5番の楽譜
 ・4番の音を2拍後ろにずらしただけです。一時的にコードトーンとずれていてもOKです。4番1小
 節目4拍目も1拍早く次のコードに入ったということです。
6、6番楽譜
 ・コードトーンを拍の表にしてありますが、音が不自然に跳躍しています。
7、7番の楽譜
 ・2小節目の2拍目は、「ド#・ミ」が「レ」に向かって下と上からアプローチしています。

ここをクリックすると、下の楽譜(inE♭)の再生音が聴けます。ファイルサイズを抑えているので音質はよくありません。