フレーズ練習メニューへ

■アドリブのしかたその3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★「All The things You Are」を使って説明していますが、他の曲でも応用できると思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ★下の楽譜の319小節目のコードの解釈を次のように変更しました。すいません。
     B♭m7はWm7   E♭7は♭Z7
   使うスケールはB♭m7は変更なしドリアンスケールです。♭Z7はリディアンセブンススケールです。

   
 「オール・ザ・シングス・ユー・アー」初心者には難しい曲と言われる曲
 ・この曲は、初心者がアドリブをするには難しい曲と言われる曲です。
  その理由は、部分的な転調が多いので、♯や♭が付く音がどんどん変わっていくためです。
  しかし、コード進行はそう難しくないと思います。
 ・普通この曲の調号は、最初から最後まで♭1つ(アルトサックスの場合)です。転調しても調号は変えてあ
  りません。

 
どうすればアドリブがやりやすくなるか
  
簡単に言うと、使われているキーそれぞれの2−5−1フレーズ練習をすることだと思います。
  1、部分的に転調をしている部分で調号を変えた楽譜を作る。(下の楽譜は変えてあります)
    これで、どの音に♯や♭が付くのかがとても分かりやすくなります。
    楽譜の作り方は「練習のポイントページ4」にも書いてあります。
  2、書いてあるコードがそれぞれのキーの何度のコードかを考える。(下の楽譜に書いてあります)
  3、メジャーキーの2−5−1とマイナーキーの2−5−1のコード進行を確認する。
  4、2−5−1フレーズは、私のホームページにもたくさん書いてありますのでそれらが利用できます。
    2−5−1−4フレーズは、私のホームページの「枯葉」の説明でも書いてあります。
  5、それ以外のフレーズは、私のホームページの「循環コード」「オルタードフレーズ」に少し書いてありま
    すが、分かりにくければコードトーンとそのキーの音でOKです。
  6、覚えたフレーズをそのまま使ったり、変化させたりしてアドリブのメロディラインを作ります。
    変化のさせ方は、私のホームページの「実際のアドリブ」で説明しています。
  7、あとは、自分が気に入ったメロディラインになるように音のつなげ方を工夫する。
    これは、ジャズのフレーズをたくさん覚えることと、ジャズの演奏をたくさん聴いたり演奏したりすること
    によって少しずつ魅力的なメロディラインが作れるようになると思います。(私はまだまだですが)

 以上のことを考えて、自作したのが下の楽譜です。頭の中だけで作った(まだ実際に吹いていない)ので、
手直しする部分が出てくるかもしれません。

ここをクリックすると再生音が聴けますが、楽譜作成ソフト「フィナーレ」だけでの再生です。ファイルの容量を抑
えてあるので、音質はよくありません。(再生音を少しだけ変えました。2006.2.6)
下から2段目の「ラ」ナチュラルは再生音ではタイになっていませんが、付いていると思ってください。
「コピー譜」18番は、渡辺貞夫氏のアドリブです。
下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。