フレーズ練習メニューへ

■アドリブのしかたその4
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★下の楽譜は、コードのroot、3rd、5th、7th、9th以外の音を使わないで書いています。
★「All The things You Are」を使って説明していますが、他の曲でも応用できると思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ★「コードトーンぐらいしか知らない」と言う場合のアドリブのしかた
  ・コードトーンと9thの音は知っているが、他のこと事(パッシングノート、アプローチノート、他のテンション
   ノート、アボイドノート、ジャズのフレーズ)はよく分からないという場合は、下の楽譜のようなアドリブが
   考えられます。
    
 ・パッシングノート・・・・コードトーンとコードトーンの間をつなぐ音
     ・アプローチノート・・・・コードトーンに上や下から、全音や半音でつなぐ音。
     ・テンションノート・・・・・コードトーンではないが強調してもOKの音。
     ・アボイドノート・・・・・・強調しない方がいい音。
     ・ジャズのフレーズ・・・ジャズ独特のメロディライン、伝統的でよく使われる音使い。

     ★この説明は要点だけです。他のページで説明しています。

  
★ポイント
  1、コードトーンを分散和音(アルペジオ)として使います。
  2、分散和音だとどうしても機械的(無味乾燥)にならざるを得ないので、9thの音や休符を使ってできる
    だけ旋律的なメロディラインになるように工夫します。
  3、下のような楽譜を作って練習すると、各コードのコードトーン+9thを覚える練習にもなります。
  4、コードトーンもまだあまり覚えていないという場合は、分かる音を全音符や二分音符で伸ばすという方
    法もあります。
    コードトーン+9thは、基礎練習のページなどを見て必要なコードを取り出して練習するといいです。
  5、フレーズ練習メニューなどを見てキーに当てはまるフレーズを覚えたら、それが使えるところに当ては
    めて使ってみるといいです。これが増えてくると、少しずつ分散和音的なアドリブから旋律的なアドリブ
    になってくると思います。
  注、349小節目はコードA7を「Em7(b5)ーA7」に分解してアドリブを書いています。

 下の楽譜は頭の中だけで作った(まだ実際に吹いていない)ので、手直しする部分が出てくるかもしれませ
ん。

ここをクリックすると再生音が聴けますが、楽譜作成ソフト「フィナーレ」だけでの再生です。ファイルの容量を抑
えてあるので、音質はよくありません。
346小節目の最初の音(ソ♭)は、前の(ファ♯)の音と異名同音でタイにしています。再生音ではつながってい
ませんが、つながっていると思ってください。

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。