フレーズ練習メニューへ

■アドリブのしかたその5
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★下の楽譜は、次の条件で無理やり作りました。
  
・コードのroot、3rd、5th、7th、以外の音を使わない。
  ・四分音符より音価(長さ)の短い音符を使わない。
  テンションノートもアプローチノートもパッシングノートもアボイドノートも使っていません。
★「All The things You Are」を使って説明していますが、他の曲でも応用できると思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「アドリブのしかたその4」より易しいアドリブ

  
★ポイント
  1、コードトーン(1・3・5・7)を分散和音(アルペジオ)として使います。
  2、あるコードのコードトーンから次のコードのコードトーンになるべく自然につながるようにします。
  3、下の楽譜のような練習をしていてコードトーン以外の音に行きたくなったら、使ってみるとよいと思いま
    す。それが、テンションノートやパッシングノートなどになっていると思います。

 下の楽譜は頭の中だけで作った(まだ実際に吹いていない)ので、手直しする部分が出てくるかもしれませ
ん。

ここをクリックすると再生音が聴けますが、楽譜作成ソフト「フィナーレ」だけでの再生です。ファイルの容量を抑
えてあるので、音質はよくありません。

再生音では、タイが切れている部分があります。
下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。
★138小節目後半の「E♭7」が抜けていますので、付いていると思ってください。