フレーズ練習メニューへ

■アドリブのしかたその7
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★下の楽譜は、次の条件で書いてあります。
  
・フレーズをコード進行に当てはめる。(下の楽譜は6−2−5−1と2−5−1進行の例)
  ・フレーズは2種類のみ。(コードが1小節ごとに変わる部分と、2拍ごとに変わる部分)
★「All The things You Are」を使って説明していますが、他の曲でも応用できると思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フレーズを覚えて使えるようにするための練習方法

  
★ポイント
  1、覚えたいフレーズがあったら、それが使えるコード進行の部分にすべて当てはめる。それを繰り返し
    練習することでアドリブをする時に自然に出てくるようになります。
  2、気に入ったフレーズがあったらいろいろなキーで何度も繰り返し練習することが、実際のアドリブで使
    えるようになるポイントです。
  3、実際にアドリブをする時は、前後のメロディラインとのつながりを考えて、覚えたフレーズのリズムや音
    使いを変えて使ったり、一部分だけを使ったりするのもいいですね。

ここをクリックすると再生音が聴けますが、楽譜作成ソフト「フィナーレ」だけでの再生です。ファイルの容量を抑
えてあるので、音質はよくありません。

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。