フレーズ練習メニューへ

■アドリブのしかたその8
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★下の楽譜は、次の条件で書いてあります。
  
・フレーズをコード進行に当てはめる。(下の楽譜は6−2−5−1と2−5−1進行の例)
  ・フレーズは2種類のみ。(コードが1小節ごとに変わる部分と、2拍ごとに変わる部分)
★「All The things You Are」を使って説明していますが、他の曲でも応用できると思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フレーズを覚えて使えるようにするための練習方法その2

  
★ポイント
  1、下の楽譜は、途中で1・2段目に書いたフレーズの音とリズムを少し変えているところがあります。
    サックスの音域やフレーズのつながりなどの関係です。

ここをクリックすると再生音が聴けますが、楽譜作成ソフト「フィナーレ」だけでの再生です。ファイルの容量を抑
えてあるので、音質はよくありません。

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。