フレーズ練習メニューへ

■オルタードスケールを使ったフレーズその2
 
○オルタードスケールの覚え方についてはこちらのページに書いてあります。

 ★下の楽譜について
  1、2段目以降の楽譜は、1段目の楽譜に書いた音符の音程関係と同じにして音符を書いてあります。
  2、
異名同音の音符の書き方は一つの例です。
  3、ドミナントセブンスコード(左の小節)でオルタードスケールを使い、メジャートニックコード(2小節目)の
   5thの音に降りています。

 ★こちらで紹介したジェイミーの教則本
Vol. 3 The II/V7/I Progression には、12キーのオルタードスケ
  ールと、オルタードスケールを使った47種類のフレーズが掲載されていて、付属のカラオケCDで練習で
  きるようになっています。下の楽譜とはキーの順番が違うので付属のCDでは合いません。

ここをクリックすると、下の楽譜を再生(inC)させた音が聴けます。