フレーズ練習メニューへ

■循環コード(1−6−2−5)アドリブ練習
 ・ジェイミーの教則本Vol.16の最初がこのコード進行のアドリブ練習です。
 ・最初の方はシンプルな音使いのアドリブを書いてみました。4段めと5段目のように、リズムを工夫してみ
  るのもいいです。

★自分でアドリブ練習をする時のポイント
 ・コードCとAm7はどちらもアボイドノートが「ファ」なので、違いを強調しなくてもOKです。
 ・下の楽譜は、キーCで示してあります。4小節で区切ってあります。

ここをクリックすると、下の楽譜(inE♭)の再生音が聴けます。4小節で区切れるのですが、音は連続しています。