フレーズ練習メニューへ

■循環コード(1−6−2−5)アドリブ練習その3
 ・遅いテンポ、1小節に1つのコード、音数は多いというアドリブの例です。

★自分でアドリブ練習をする時のポイント
 ・遅いテンポの場合、速くなってしまわないように気をつけるのがポイントです。

ここをクリックすると、下の楽譜の音が聴けます。inEbです。