フレーズ練習メニューへ

「理論3」コードトーンとスケールの決め方
・コード進行を見た時にそのキーにないコードがあると、どんな音使いをするのか迷うことがあります。
 このページは、キーにないコードが出てきたときのコードトーンとスケールをどうするかを説明しています。
・キーがCで、コードがA7の例です。(セカンダリードミナントと呼ばれます)
・コードとスケールの関係については、「理論1」・「理論2」のページでも説明しています。
注・・・下の説明は一つの例です。