リンク集



練習のポイント 初めに

ページ1 ページ2 ページ3 ページ4
 ページ5
 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11  ページ12 ページ13 フレーズ

●練習方法
アドリブとはどういうものか試してみたい場合
 コピー譜を見て出来そうな楽譜をそのまま演奏してみてください。

 ★アドリブは分からないが
すぐやってみたいという人は、ポイント・ページ7を見てみてください。

 ★スケールは覚えていないけれど、
コードの音は分かるという場合は、こちらのページのような方法でアドリ
  ブの練習をすることも出来ます。

 ★
コードトーンもスケールもよく分からないという場合は、「簡単なフレーズを覚える」などの方法もあります。 

 ★コードネームだけが書いてある楽譜をもらった時に、アドリブをどのように考えたらいいのかということについ
  て、「アドリブのしかた」のページで少しだけ説明をしています。




まず曲のアドリブができるようにしたい場合

「枯葉」「オールザシングスユーアー」 ・ 「ゼアウィルネバービーアナザーユー」 ・ 「フライ・ミー・

  トゥ・ザ・ムーン」 ・ 「アイブ・ネバー・ビーン・イン・ラブ・ビフォー」 ・ 「ジャスト・フレンズ」

  「ブルー・ボッサ」「酒とバラの日々」「シークレット・ラブ」を掲載しています。

「バイバイ・ブラックバード」・・・
楽譜と音源をたくさん掲載しています。

「イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー」・・・
アドリブの音使いについて丁寧に説明しています。
  
☆スケールとアドリブフレーズの音使いの関係についても説明しています。


基礎から順番に練習したい場合

「基礎練習」〜「コピー譜」のそれぞれの中から自分の課題を決めて、毎回練習します。


 1、12+1キーのメジャースケールとマイナースケールは一番最初に覚えてしまうと、後がやりやすいです。

 2、常にキーとコードをイメージして練習します。覚えたフレーズが沢山あればあるほどアドリブがやりやすく
   なります。

 3、曲のアドリブ練習は私のサイトに掲載している「枯葉」・「オール・ザ・シングス・ユー・アー」その他の練習楽
   譜を参考にして、自分が演奏したい曲に練習の手順などを応用してください。

 4、コピー譜はジャズのアドリブの特徴を身につけるために、CD等と一緒に演奏するのも良い練習になります。
   細かい音のニュアンスの違いを身につけることが重要です。また、どのコードの時にどんな音使いをすると
   どんな感じになるかを、練習しながら身につけられるといいですね。



●初心者がアドリブ練習をする時のポイント(私なりの考え)

 1、自分が気に入ったフレーズを数百回以上練習する。1日10回でも10日で100回になりますね。

 2、フレーズは、コードをイメージしながら練習する。

 3、いつもカラオケに合わせて練習する。
  (1)楽譜に書いてある音符を見ながら。

  (2)楽譜に書いてある音符ではなく、コードネームを中心に見ながら。

  (3)楽譜に書いてあるコードネームだけを見ながら。

  (4)何も見ないで。
   いつまでも音符を見て練習していると、なかなかアドリブができるようにはならないですね。(3)くらい
   から少しずつ練習したフレーズがアドリブのときに使えるという感じではないかと思います。

 4、理論はいろいろ勉強しようと思わず、必要なことだけに絞って勉強する。
   理論書は、アドリブ練習というより作編曲や曲の分析などに関係することが多いですね。初心者の場
  合は、それらを勉強するよりコードやスケールが示してある教則本を用いて実際に練習する時間を多く
  取ったほうがアドリブのマスターには有効かと思います。
   下記の教則本、「アドリブの扉」の理論は初心者向き、「アドリブの極意」は中級者向きです。


アドリブ集中トレーニング はじめよう!ジャズアルトサックス(1) CD付き アドリブ集中トレーニング はじめよう!ジャズアルトサックス(1) CD付き」
左の教則本は、曲に使われているコードやスケール、アドリブの楽譜が書いてあります。理論を知らなくても書いてある楽譜を繰り返し練習することでアドリブの練習が出来ますね。
また、アドリブに必要な理論の説明も書いてありますから、勉強になりそうな感じがします。
「はじめてのジャズ カラオケCD強化編 〜セッションで困らないための必修スタンダード50曲」
左の教則本兼楽譜集は、それぞれの曲が移調楽器用に3種類のキーで書いてあり、カラオケCDも付いています。



●初心者がアドリブをする時のポイント

 1、たくさんの音を使おうと思わず、休符もイメージしてアドリブをする。特に初心者のうちは、少な
  い音でジャズっぽくしようとした方がよい結果になることが多い。

 2、1つのフレーズでは、使う音を1オクターブ以内にするなどして跳躍し過ぎないようにする。
  (ついとんでもない音に跳躍してしまいがち・・・私の反省)

 3、一つ一つの音をはっきりさせる。音の出だしと切る時に注意です。
   CDなど実際の演奏をパソコンに取り込み、再生速度を落として聴いてみると、一つ一つの音をどのよ
  うに出しているかがよく分かります。私は、最初サックスを聴いて、音を出す瞬間の音程の変化やアクセ
  ントの強さに驚きました。
   音を止める時は舌を当てて止めるようにします。クラシック奏法では息だけで音を止めることが多いです。
  
★アドリブ練習にある程度慣れてきたら、あえて音をはっきりさせない奏法も練習してみるといいですね。
   これが、アドリブにいい味を出します。サックスで言うと
ハーフタンギング、トランペットだとハーフバル
   ブ
(ピストンの半押し)などです。


ハーフタンギング
(サックス)
リードに舌を当てたまま音を出す奏法。タンギングは音を出す時に舌を引きますが、
舌を引かずに息を入れるとはっきりしない音が出ます。アクセントを付けてはっきり
した音と、ハーフタンギングではっきりしない音をフレーズの中に織り交ぜるとジャズ
らしくなります。


★タンギングは「舌つき」と言われたりしますが、舌をついて音を出すのではなく、当ててい
 た舌を引いて音を出すというイメージの方がいいように思います。止めた息が再び流れ
 込むことによって音が出るのですから。


 4、コードトーンをイメージした音使いをする。

   私が掲載している楽譜や説明などで、コードトーンを拍の表になるようにしているのが多いのはこれを意
  図しているからです。コード進行に気持ちよく当てはまるアドリブになるようにしています。


 5、9thの音を有効に使う。アボイドノートは強調させない、使うのはOK。
   アドリブの音が自然につながることやフレーズとフレーズが気持ちよくつながることが大切ですから、コー
  ドトーンの1・3・5・7を意識しすぎるあまり不自然な音使いにならないようにするということです。


 6、ベースの音をよく聴きながらアドリブをする。
   
テンポをキープしているのがベースということがよくあるので、アドリブをしている時に自分のテンポがず
  れてしまわないようにするためのポイントです。また、コードの変化が分かりやすいということもあります。


●テンポやリズムがリズムセクションとずれてしまう時(2005.11.2に追加)
 ※アドリブの練習をしていると、カラオケのリズムセクションとずれてしまったり、どこをやってい
  るのか分からなくなるということがあります。そんな時は、最初のうち目印の音をカラオケに加
  えるとやりやすくなります。慣れてきたらそれを外しても分かるようになります。

  
ここをクリックすると、目印の音を加えたカラオケと目印がないカラオケの例を聴くことが出来ます。「枯
  葉」の最初の部分です。

  16小節や32小節ごとに目印の音色や音量を変えるなどするといった工夫をすると、より慣れやすい
  かもしれません。MIDIファイルだと簡単に音源を加工できます。