練習のポイント「初めに」のページへ

ページ1 ページ2 ページ3 ページ4
 ページ5
 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11  ページ12 ページ13 フレーズ

■アドリブ練習について思いつくままに(初心者用)
1、どうすればアドリブができるようになるか
  次の基礎・発展・応用を繰り返していれば少しずつ自分のアドリブが出きるようになる、ということが多いです。
  コードやフレーズは12キーで練習をするといいですが、練習時間があまり取れなければ演奏したい曲に使われて
 いるコードやスケールの練習をするといいです。


  基礎 〇コードの1・3・5・7・9がイメージできるようにする。(コードトーン+1つのテンションノート)
      〇コードトーンとコードトーンの間の音がイメージできるようにする。(スケール)
  発展 〇よく使われるフレーズや好きなフレーズを覚える。
      〇テンションノート・アボイドノート、パッシングノート・アプローチノート、ガイドトーンを意識しながらフレーズ
       練習をする。
      〇プロの演奏コピーを繰り返し練習する。
  応用 〇カラオケに合わせてアドリブをやってみる。
  ★「基礎練習」〜「コピー譜」が、この具体的方法です。
    フレーズやコピー譜の練習は、コードネームだけを見て演奏できるようになるまで繰り返しやってみることが最
   大のポイントです。教則本などに載っている楽譜をやってみても、その音符を見なければできないというのでは、
   アドリブが出きるようにならないと思います。
    繰り返し練習は、カラオケに合わせてやるとけっこう沢山の回数できると思います。


■私は12キーの2−5−1練習にはこれを使っています。
 付属CDのカラオケに合わせて、コードトーン、スケール、フレーズ、アドリブの練
習をしています。「ジェイミーVol.3 UーX7−T」
★フレーズ練習の具体例を次のページに掲載しています。(私が書いた楽譜)


2、うまくアドリブが出来ない時は
  ・出来ないのは、コードのルートはイメージできても、3・5・7・9がすぐイメージできないという場合が多いので、
   いくつかの練習パターンで練習をする。例えばこんな感じです。Am7の練習方法
  ・音を外してしまうことが多い時は、コードトーン+スケールを合わせた練習をします。
  ・音を外したと思ったら、一音上がるとか半音下がるという感じで音を変えてコードトーンに移動する。
  ・フレーズがいい感じにならない時は、次のことに注意します。
    ・コードトーンが拍の表に来るようにしてみる。
    ・コードの3・7を意識する。こちらのページのような感じです。
    ・シンコペーションのリズムを使う。
    ・次のコードの音に半拍早く入るとか、遅れて入るなどのことをしてみる。
    ・覚えているフレーズのリズムを変えて使ってみる。
    ・次のコードのどの音に行くのかをイメージする。
  ・イメージが浮かばない時は休符にするか、コードトーンのリズムだけ変化させるという感じにする。
  ・好きなフレーズを実際のアドリブで自由に使えるようにするには、例えば繰り返し練習を1日20回×2週間と
   いった感じで計画を立てて集中的に練習するとよいかもしれない。
   
3、覚えたフレーズを他のコードでも出きるようにしたい時
  フレーズを練習する時に、いつもコードの「13579」をイメージする。
   ★例、コードCは、「ドミソシレ」
      「ソラシ・ミファソ」というフレーズがあったら、「567345」というのをイメージする。
      このフレーズをコードFでやろうと思ったら。
      コードFは、「ファラドミソ」
      「567345」をイメージして、「ドレミ・ラシド」となる。
      音程関係を同じにしようと思ったら、Fのキーの調号をイメージして、シに♭を付ける。

■暗記しておくといいことなどを思いつくままに。(2005.12)

1、調号・・・♭系は、♭が「シミラレソド」の音に順番に付いていく。4度ずつ上がる。
       ♯系は、♯が「ファドソレラミ」の音に順番に付いていく。5度ずつ上がる。(4度ずつ下がる)


2、キー・・・♭系は、♭が増えるごとに主音が「ドファシミラレソ」となる。ドはCメジャー、シから後は♭が付く。
       ♯系は、♯が増えるごとに主音が「ドソレラミシファ」となる。ドはCメジャー、ファは♯が付く。


3、音が完全4度ずつ上がっていく進行を暗記する。階名で、「ドファシミラレソ・ファシミラレソド
  前半シ〜ソまでは♭が付きます。ソ♭=ファ♯で、後半のシ〜ドまでは♯♭とも付きません。
  2−5−1もコードのルートが4度進行しているので、暗記しておくといいかもしれません。

  ★例、Dm7−G7−C・・・レーソード、Cm7−F7−B♭・・・ドーファーシ♭


4、音が3度ずつ上がる進行と、下がる進行を暗記する。「ドミソシレファラド」「ドラファレシソミド
  コードトーン、テンションノート、アボイドノートをイメージする時に役に立ちます。コードのルートによって始まる
 音を変えて応用します。♭と♯は意識できるようになったら意識します。

  ★例、C  =ド・ミ・ソ・シ・レ・ファ・ラ・ド、1・3・5・7・9・11・13・1
      Dm=レ・ファ・ラ・ド・ミ・ソ・シ・レ、1・3・5・7・9・11・13・1