初練習のポイント「初めに」のページへ

ページ1
 ページ2 ページ3
 ページ4  ページ5
 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11 ページ12 ページ13 アドリブフレーズをマスターする

■音階練習について (楽譜はCを例にしてあります)
  ★教則本(ジャズでもクラシックでも)に書いてある音階練習の特徴
   1、教則本に書いてある音階練習はアドリブ練習用ではなく、12キーの楽器の運指の練習です。
   2、教則本に書いてある音階練習は、コードやコードトーンが小節や拍によって変化していきます。しか
     し、「1」の練習であるためコードは示されていません。つまり、コードの感覚が身につきにくいので
     す。
     
例えば、下の楽譜は、Cメジャー(ハ長調)の音階練習ですが、2小節目・3小節目の音使いをコー
     ドCの時に使うと当てはまりません。レファラドが強調されているからです。

     
  
★私が提案する練習の特徴
   1、キーの1度のコードとコードトーン+9thが意識できるようになっています。
     キーがCなら、コードC(CM7)の練習で、他のコードは出てきません。2−5−1の1だけです。
   2、拍の表には必ずコードの1・3・5・7・9がくるようになっています。
   3、どの小節の音使いもコードCに当てはまるようになっています。
   4、アドリブをする時にトニックコード(キーの1度のコード)の音使いを迷うことが少なくなります。

     つまり、キーの感覚とそのキーのトニックコードの感覚(と運指)を身につける練習方法です。

★この練習パターンを12+1のメジャーキーで練習をします。まずパターン1をマスターするのが基本です。
★楽器の最高音から最低音までの音域で練習をします。