初練習のポイント「初めに」のページへ

ページ1
 ページ2 ページ3 ページ4
 ページ5
 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11 ページ12 ページ13 アドリブフレーズをマスターする

■アドリブをするときに必要な理論1(G7を例にしてあります)
  ★コードネームを見たときに、どの音に♯や♭が付くかが分かる
   初心者は、これが分かるだけでまずはOKです。

  ★下の楽譜の説明(G7を例にしています)
   1、G7というコードを見た時に、コードトーンは「ソシレファ」だと分かる。(いつもこれです)
   2、コードトーン以外の音(コードとコードの間の音、テンションノート)はどうなるのかを考える。
     これは、
キーによって違ってきます。下の楽譜のように調号が書いてあれば分かりやすいです。
     しかし、ジャズは調号が変わらないで一時的に転調していることが大変多いので、分かりにくい。
   3、下の楽譜は左端に♯や♭(調号)が書いてあるので、それを見ると分かります。
     Cmはハーモニックマイナースケール
   4、一時的な転調の場合は、調号を頭の中で考えてコードトーン以外の音がどうなるのかを考えます。

   ★重要ポイント
   1、上の説明は言い換えると、次のスケールのどれになるかと言うことです。
    
アイオニアン、ドリアン、フリジアン、リディアン、ミクソリディアン、エオリアン、ロクリアン
    ハーモニックマイナー、ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウ など

   2、しかし、これらのスケールを全ての音で覚えるのはとても大変なことです。100以上になります。
     それに、覚えただけではどれを使えばいいのかが分かりません。
   3、しかし、キー(一時的な転調による隠れた調号も含む)をイメージすれば覚えなくてもOKです。
     全てのキーのスケール練習が重要なのです。
     
12+1キーのメジャースケール、12+1キーのハーモニックマイナースケール
     注・・・なぜ3つあるのにハーモニックマイナーなのかは「基礎練習」のページで説明してあります。

理論2へのリンク・理論3へのリンク

おわび・・・キーCメジャーの1小節めの最後の音「シ」を「ド」に読み替えてください。