練習のポイント「初めに」のページへ

ページ1 ページ2 ページ3 ページ4 ページ5 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11 ページ12 ページ13 アドリブフレーズをマスターする

下の楽譜を使って私が作ったアドリブの譜面を「アドリブのしかたその3」に掲載しました。2006.1.23

■アドリブ用楽譜の作り方:市販の楽譜を修正するとアドリブがやりやすくなります。
★前段階
1、市販の楽譜を見ると、フレーズの区切りごとに段が変わっていない楽譜が多いです。
普通4小節で1段
  
32小節の曲なら8段で1ページ、というように楽譜を書き直すと曲の構造が分かりやすくなるので、アド
  リブもやりやすくなります。
2、
コードと音符が一致していない楽譜がよくあるので修正して書き直します。
  例 コードがGm7の時に、メロディが「ラ♯」全音符で書いてあるなど。この場合は、「シ♭」ですね。

■「オール・ザ・シングス・ユー・アー」(テーマメロディは書いてありません)
 
下の2番目に掲載した楽譜を見てもらうと、2−5−1のコード進行が7つくらいのキーで出てくるの
が分かると思います。これが分かっているかどうかは、この曲のアドリブが出来るか出来ないかに大
きく関わってきます。


 この曲のアドリブはややこしいですね。その理由は転調にありますので、それを楽譜に書きます。
 下の楽譜は、有名なイントロの後のコード進行(アルトサックス用)です。
 同じ曲で2枚の楽譜を示しましたが、同じことを示しています。(
前段階は既に終えているとします)
★一般的な楽譜(最初の楽譜)
  これを見て、調号が♭一つ、キーはFだということが分かりますが、アドリブをする時にコードトーン以
 外の音のシャープやフラットをどうすればいいのかがよく分からないですね。
★修正後の楽譜(後の楽譜)
  部分的に
転調した小節の調号を変えて書いてあります。キーCシャープメジャーの部分は、D♭メジャ
 ーに変更してあります。Cシャープメジャーは全ての音にシャープが付くので簡単にしました。
  コードネームと調号を見ることによって、どの音にシャープやフラットを付けてアドリブをすればよいの
 かが分かりやすくなります。
  例えば次のようなことが分かります。
  最初はキーFメジャー、「シ」にフラットを付けてアドリブをする。
  6小節目〜8小節目は「ファ」「ド」「ソ」にシャープを付ける。(Aメジャーのキーでアドリブをする)
  9小節目〜13小節目はCメジャーのキーでアドリブをする。
  以下省略
注・・・コード進行やスケールは別の選択が可能な部分もあります。

「オール・ザ・シングス・ユー・アー」

チャーリー・パーカーのCDです。
CDタイトル 「Bird Symbols」

曲 名    「Bird Of Paradise」 7番目の曲
・曲名が違っていますが、同じ曲です。ただし、テーマメロディは演奏していません。 8
小節のイントロの後すぐチャーリー・パーカーがアドリブを始めています。トランペットの
音がなくなったところです。

・アドリブが始まったところが、下の楽譜の最初です。


★アドリブのポイント(少しだけ例を挙げて説明します)
  下のような楽譜を作れば、コードのスケールを覚えなくてもアドリブが出来ます。この楽譜に書いてある調
 号を見て、シャープやフラットを意識しながらアドリブをすれば音は合います。
 1小節目から5小節目までは、キーがFメジャーで「シ」にフラットを付ける。
 6小節目から8小節目までは、キーがAメジャーで「ファ・ド・ソ」にシャープを付ける。
 9小節目から13小節目までは、キーがCメジャーでシャープもフラットもなしになる。
 
 以下省略
 1小節目「Dm7」 コードトーンは「レファラドミ」で、アドリブフレーズに「シ」を使う時はフラットを付ける。
 6小節目「Bm7」 コードトーンは「シレファ♯ラド♯」、アドリブフレーズに「ファ・ド・ソ」を使う時はシャープを
 付ける。

  以下省略(アプローチノートなどは、例外的にシャープやフラットを付けたり外したりできます)