初練習のポイント「初めに」のページへ

ページ1
 ページ2 ページ3 ページ4 ページ5 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11 ページ12 ページ13 アドリブフレーズをマスターする

★このページで説明している内容に関することを、次のページの2番目の★でも説明しています。

■アドリブ用楽譜の作り方:その2
★下の楽譜1・2・3は同じ音です。楽譜4・5は同じ音です。
 楽譜1 市販の楽譜によくある書き方。
 楽譜2 私の書き方。(他のページでも時々説明しています)
 楽譜3 私の書き方の説明用。楽譜2を調号を使って書いたもの。
 楽譜4 私の書き方の説明用。楽譜3をキーCメジャーに移調した楽譜。
 楽譜5 楽譜1を音程関係をそのまま同じにしてキーCメジャーに移調した楽譜。

★ポイント
 
1、市販の楽譜によくある書き方
   ・ジャズの楽譜は、音符をぱっと見て音が分かりやすいように書いてあります。
   ・ダブルシャープやダブルフラットがたくさん出てくるような場合は、分かりやすい楽譜になります。
   ・しかし、キーとかスケールの何番目の音だとかコードとの関係は考慮されていません。
   ・そのため、アドリブをする時は、コードトーンやテンションとの関係が分かりにくいです。
   ・別のキーで同じフレーズを演奏しようとした時に大変ややこしくなります。
 2、私の書き方
   ・「ミ」シャープや「シ」シャープなどがあって慣れないと分かりにくいかもしれません。
   ・キーとか、スケールの何番目の音だとか、コードトーンとの関係は分かりやすいと思います。
   ・演奏した時に、出た音を聴いても2の楽譜に書いた階名がイメージされると思います。私の場合、
    1の楽譜を演奏すると音符を見た階名は楽譜1ですが、出た音を聴くと頭の中は2の階名がイ
    メージされます。
   ・別のキーで同じフレーズを演奏しようとした時に1より簡単にできます。
   ・この楽譜は、 2−5−1のフレーズですが、私の書き方の楽譜では次のことが分かりやすいと
    思います。(市販の楽譜はこれらが分かりにくい場合が多いです)

    
キーはCシャープメジャー、コード進行は、2−5−1
    1小節目・・・・1・3・5・7・9のコードトーンによるフレーズ。
    2小節目・・・・コードトーン3から降りてくるフレーズ。「ミ」は13th。
    3小節目・・・・9・1・9・3のコードトーンによるフレーズ。
注・・・ジャズの楽譜でよくある音符の書き方は、ある意味実用的、あるいは慣習的と言うことかもしれま
    せん。
    従って、同じ曲の楽譜であっても、楽譜を書いた人によって音が異名同音の違う音で書いてある
    ことがよくあります。なお、クラシックの楽譜は常に私が説明した書き方で書いてあると思います。