練習のポイント「初めに」のページへ

ページ1
 ページ2 ページ3 ページ4 ページ5 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11 ページ12 ページ13 アドリブフレーズをマスターする

■簡単に出来るアドリブ(「枯葉」の前半16小節の例その2)
初心者でも1日でできるかもしれません。
・下の楽譜は、どちらも「枯葉」の前半16小節です。

★アドリブのポイント

1、次の説明を参考にして、自分で考えた音でアドリブをしてみてください。それが重要です。
2、テンションノート(9・11・13)がよく分からない人は、コードトーン(1・3・5・7)だけでOKです。
  コードトーン+9thはこちらのページに掲載しています。
3、最初の楽譜はコードトーンとテンションノートを使っていますが、「シ」の音しか使っていません。
  初心者でもコードの「1・3・5・7・9・11・13」などを知っていれば簡単にできます。
  
アボイドノートはキーとコードによって違うので注意が必要です。
  最初の楽譜では、次のようになります。
  Am7の「シ」は9th、D7の「シ」は13th、Gの「シ」は3rd、Cの「シ」は、7th
  F#m7(♭5)の「シ」は11th、B7の「シ」はroot、Emの「シ」は5th、E7の「シ」は5th
4、2番目の楽譜は、最初の楽譜で使っている音の上下に少し動いているだけです。

★このページの練習より少し発展した練習をアドリブのしかた4に掲載しています。曲は違います。

ここをクリックすると、下の最初の楽譜の再生音を聴くことが出来ます。間違いを訂正しました。
ここをクリックすると、下の2番目の楽譜の再生音を聞くことが出来ます。
★再生音は、アルトサックスに設定してあるのでinEbです。実音だとキーはGマイナー(♭2つのキー)で、
下の楽譜の「シ」の音は実音で言うとDになります。