初練習のポイント「初めに」のページへ

ページ1
 ページ2 ページ3 ページ4
 ページ5
 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11 ページ12 ページ13 アドリブフレーズをマスターする

■アドリブをするときに必要な理論2(Am7を例にしてあります)
 ★初心者は、こちらの教則本のようにスケールが書いてある楽譜を使えば、理論1や理論2で説明してい
  ることを知らなくてもOKですね。

 「理論について」
 アベイラブルノートスケール=コードトーン+テンションノート+アボイドノート
 
 アドリブのための理論とは、何の音にシャープやフラットが付くかということや、コードに
 気持ちよくフィットする音はどの音かということを見つけるための方法です。
 ○コードトーンを拍の表に持ってくると、いい感じになりやすいです。(例外もあります)
 
こちらのページに掲載したことを利用するのも、いい感じになりやすい一つの方法です。

  コードトーンはいつでも強調OKなので使いやすいです。テンションノートは気持ちよいフレーズを作ると
 きに使いやすいですが、同じキー同じコード同じ音でも使い方によってはテンションノートにならないのでそ
 れに気をつけます。アボイドノートは、強調しないように気をつけます。
 ○私が気持ちよくないアドリブをした一つの例。
  キーがCメジャーでコードがCの時に、「ド・ミ・ソ」とコードトーンで上がって行き、次に低い「シ」に下が
 てしまった。そのまま上の「シ・レ」と行けば9thのテンションでいい感じになるが、低い「シ・レ」と行ったた
 め、トニックメジャーコード(C△)ではなく、ドミナントセブンス(G7)の感じになってしまった。


 ★下の楽譜の説明(Am7を例にしています)
 1、Am7というコードのコードトーン(1・3・5・7)は、どのキーでも「ラ・ド・ミ・ソ」です。
 2、テンションノートとアボイドノートはキーによって違ってきます。
  
        コードトーン     テンションノート    アボイドノート
    楽譜2   「ラ・ド・ミ・ソ」    「シ・レ」         「ファ」
    楽譜3   「ラ・ド・ミ・ソ」    「レ・(ファ)」       「シb」
    楽譜4   「ラ・ド・ミ・ソ」    「シ・レ」         「ファ#」


 
3、このことは、下の楽譜のように調号が書いてあれば分かりやすいです。しかし、ジャズは調号が変わら
  ないで
一時的に転調していることが大変多いので、分かりにくいですね。その例はこちらです。
   コードを見たときに、何のキーの何度のコードかを調べるとスケールが分かります。ジャズの楽譜は2
  −5−1のパターンが多いので、それをもとにして調べるといいですね。

理論1へのリンク、理論3へのリンク