練習のポイント「初めに」のページへ

ページ1
 ページ2 ページ3 ページ4
 ページ5
 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11 ページ12 ページ13 アドリブフレーズをマスターする

■メジャー12(+1)キーのコード一覧
 ジャズの曲は調号を変えないで部分的に転調している場合が多いですが、その部分のキーが何に
なっているかを調べて調号をイメージするとアドリブがしやすくなると思います。ページ4のような感じ
です。
★具体例(2005.11.22追加)
 「ページ4」で部分的に転調しているところの調号を変えて書きなおした楽譜の説明をしていますが、それ
を見てもらうと同じコード進行を違うキーでやっているというのが分かると思います。2−5−1パターンが7
つくらいのキーで
出てきますね。
 これが分かると、複雑でアドリブがやりにくいと思えるようなコード進行でもアドリブがしやすくなります。特
に、12キーの2−5−1練習などがしてあれば転調した部分のキーに当てはめるだけで使えますね。


★階名・音名について
 
階名「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を英語音名で言うと「C・D・E・F・G・A・B・C」となります。
 クラシック音楽の場合は、普通
ドイツ音名「ツェー・デー・エー・エフ・ゲー・アー・ハー」を使います。
 
日本音名は、「ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・ハ」となります。
 ・調の名前の違いは、例えばフラット2つの長調の場合次のようになります。
     変ロ長調 (ヘンロチョウチョウ) 日本語
     Bb major (ビーフラットメジャー) 英語 (メジャーをメイジャーと言う場合もあります)
     B dur (ベードゥア) ドイツ語


★コードネームは英語音名を使うので、「Gm」は「ジーマイナー」と言いますが、「ソ」の音をドイツ音名で「ゲ
ー」と言ったりする人もいます。「ラ」の音をドイツ音名の「アー」と言ったりする人もいます。
 余談ですが、バンドマンの隠語で「ギャラはゲーせん」などと言うのは、GはCから五番目の音ということか
ら来ていて、「ギャラは5,000円」という意味です。(今使われているかどうかは知りません。テレビ業界な
どでも使われていたようです)