練習のポイント「初めに」のページへ

ページ1
 ページ2 ページ3 ページ4
 ページ5
 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11 ページ12 ページ13 アドリブフレーズをマスターする

■テンションノートとアボイドノートの覚え方メジャーキー
 コードトーンテンションノートアボイドノートを覚えるとアドリブがやりやすくなります。
 ○この3種類の音を並べ替えるとそのコードの
スケールになります。
 ○コードトーンは、コードのルート、3rd、5th、7thの音です。テンションノートとアボイドノートはコードの種
  類によって違ってきます。
 
 ★ポイント(キーCメジャーの2−5−1パターンの例)
 1、
Dm7は「レ・ファ・ラ・ド・ミ・ソ」と上がって行き、最後の「シ」がアボイドノート。
   2−5−1進行の
5のルートの音「ソ」もテンションノートと覚えると、難しいキーでも覚えやすい。
 2、
G7は、キーの主音「ド」がアボイドノート。
 3、
C△は、キーの主音(Cのルート)から4番目の音「ファ」がアボイドノート。
 4、アドリブをするときは、アボイドノートが入ってもOKです。ただ、
強調しないようにした方が良いフレー
  ズになりやすいと思います。
 注、他のページに掲載している楽譜では、トニックメジャーコードの△、Mは省略してあります。


★メジャーキーの2−5−1パターンです。音符は、各コードのアボイドノートだけを抜いてあります。