練習のポイント「初めに」のページへ

ページ1
 ページ2 ページ3 ページ4
 ページ5
 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11 ページ12 ページ13 アドリブフレーズをマスターする

■テンションノートとアボイドノートの覚え方・その2マイナーキー
 コードトーンテンションノートアボイドノートの音を並べ替えると、そのコードのスケールになりま
  す。
 
 ★ポイント(キーAマイナーの2−5−1パターンの例)
 1、
Bm7(b5)は、2−5−1進行の5のルートの音「ミ」もテンションノートと覚えると覚えやすい。
 2、
E7は、キーの主音「ラ」がアボイドノート。(メジャーキーも同じ)
 3、
AmM7は、「ラ・ド・ミ・ソ#・シ・レ」と上がって行き、最後の「ファ」がアボイドノート。
 注、X7はハーモニックマイナーパーフェクト5ビロウスケール、
TmM7はハーモニックマイナースケール
   にしてあります。
    他のページに掲載している楽譜では、トニックマイナーコードのM7は省略してあります。


★マイナーキーの2−5−1パターンです。音符は、各コードのアボイドノートだけを抜いてあります。