練習のポイント「初めに」のページへ

ページ1
 ページ2 ページ3 ページ4
 ページ5
 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9
ページ10 ページ11 ページ12 ページ13 フレーズ

■フレーズ

 ○アドリブ練習の初めのうちは次のような疑問が出てくるのではないでしょうか。

    1、コードを見てもフレーズが頭に浮かばない。

    2.コード進行を見ても、そのコードが何のキーの何度のコードかが分からない。つまり、トニックなの
      かドミナントなのかサブドミナントなのか経過的なコードなのかが分からないという事です。

    3.コードを見ても、コードトーンやテンションノートやアボイドノートが分からない。

    4.コードを見てもスケールが分からないので、どの音に♯や♭を付けるのか又は付けないのかが分か
      らない。

    5.アプローチノートやパッシングノートの使い方が分からない。

    6.コードの変わり目で音をどうつなげればいいのかが分からない。



 ★ポイント
 1、フレーズを覚えて使いまくる。
   まず、気に入ったUーXーTフレーズを一つ覚える。
   12キーで出来るように毎回練習し、すぐできるようにする。その例はこちらのページにあります。
   そのフレーズが使える場面ではいつも使ってみる。


 2、フレーズがコード進行や指の動きとセットになって少しずつ頭の中に記憶されていくにしたがって、実際の
   演奏の時に「次はこの音をこんなリズムでやるといい感じになる」というのが条件反射的に出てくるように
   なると思います。

 3、一つのフレーズをいろいろなキーで演奏できるというのがとても役に立つのですが、練習時間があまり
   ないと言う人は覚えたフレーズをマスターしようと思っている曲のキーに当てはめて(移調して)練習す
   るといいです。