コピー譜・音源リストへ

■「黒いオルフェ」のアドリブ
 キーはEマイナー、アルトサックスで吹くとコンサートキーでGマイナーになります。
★ポイント
 アドリブをするには、コード進行に従って(コードトーンやそのコードのスケールをもとにして)アドリブをする
方法と、コード進行に関係なく一つ(複数の場合もありますが)のスケールでアドリブをする方法があります。
 
下の楽譜は1コーラス全て一つのスケールでアドリブをした例です。
 
スケールは、Eマイナーペンタトニック+ブルーノートです。
 ペンタトニックスケールを使ってアドリブをすると、コードトーンやコードに対応するスケールを覚えなくても
アドリブができるので簡単です。ただ、こればかりだと単調になってしまいます。一つのアドリブの中で、ペン
タトニックスケールとコードによるアドリブを混在させることもあります。その例は、後日掲載する予定です。

ここをクリックすると下の楽譜を再生させた音が聴けます。mp3ファイルです。

おわび・・・下の楽譜の下から3段目左端の小節は、EmではなくてBm7(♭5)です。訂正します。