コピー譜・音源リストへ

■「黒いオルフェ」のコードとスケール
 コードによるアドリブをするときは、下の楽譜に書いたスケールになります。
 キーはEマイナーで書いてあります。アルトサックスで演奏するとコンサートキーでGマイナーになります。
★ポイント
  曲全体のキーはEマイナーですが、一時的にGメジャーキーとAマイナーキーに転調しています。そのよう
 な場合は、そのキーの調号をイメージすると分かりやすいです。
  この曲の場合は、キーAマイナーの小節は調号なしをイメージします。下の楽譜もそうしてあります。
  
キーEマイナー(調号♯1つ)・Gメジャー(調号♯1つ)・Aマイナー(調号なし)
  この3つのキーをイメージすればアドリブができます

注・・・コード進行やスケールは別の選択が可能な部分もあります。


★ポイント 楽譜の調号は普通最初から最後まで♯1つなのですが、下の楽譜のように一時的に転調をしてい
 る部分は、頭の中で調号が変わったことをイメージしてアドリブをするととてもやりやすくなります。
 
小節番号8、21〜24は調号の♯がなくなったことをイメージします。
 (この楽譜はそのように書いてあります。全音符と二分音符はコードのルートの音です)