コピー譜・音源リストへ

「枯葉」と同じコード進行でキーは、Amにしてあります。
■注・・・解説は、一つの例です。
●簡単なポイント
 1、E7は、ソに♯。Aはドに♯とシに♭。これだけでアドリブOK。
 2、スケール練習は、CトニックメジャースケールAハーモニックマイナースケールでOK。
●少し詳しいポイント
 1、Dm7−G7−Cは、キーCMのUーXーTと考えてアドリブをします。FはWです。
   Dm7は、ドリアンスケール (レミファソラシド)
   G7は、ミクソリディアンスケール (ソラシドレミファ)
   C△は、アイオニアンスケール (ドレミファソラシド)
   F△は、リディアンスケール (ファソラシドレミファ)
 2、Bm7(-5)ーE7−Amは、キーAmのUーXーTと考えてアドリブをします。
   Bm7(-5)は、ロクリアン
   E7は、ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウ
   Amは、ハーモニックマイナー(別の選択もあります)
   A7は、ラシ♭ド♯レミファソラとします。(ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウ)
 3、2段目の4小節目のA7はテーマにはないですが、アドリブの時にこうします。
 4、1小節目の最初のミはファにつなぐミ、次のミはDm7の9th、2小節目のミは、G7の13th
 5、Fはドレミファソラシドのどの音も強調OKです。
 6、E7は、ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウとややこしい名前のスケールですが、ややこしいのは名
   前だけです。
   キーAmの5度7です。Aハーモニックマイナースケールを練習していれば、スケールそのままの音でOKです。
 7、Aハーモニックマイナースケールは、ラシドレミファソ♯ラ・・・・(@)
 8、E7はミファソ♯ラシドレミ・・・・(@をミから初めたスケール)
 9、強調しない音(アボイドノート)
   Dm7・・・シ、G7・・・ド、C・・・ファ、F・・・なし
   Bm7(-5)・・・ド、E7・・・ラ、Am・・・ファ
   ※UーX=X、X=UーXと考えてアドリブをすることができるので、その場合は、3段目のG7とか6段目の
     Dm7のような音使いもします。「G7の時にはドがだめ」というように考えない方がいいです。
10、7段目の後半については、省略します。