曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13

「Blue Bossa」その2
  ブルー・ボッサ

★コードトーン+9thの練習です

★ポイント
 1、トニックマイナーのコード(一度)はm7にしていますが、他のコードにしている楽譜もあるようです。
 2、アドリブの音がよく分からないという場合は、下に書いた楽譜の音だけでもそれなりのアドリブはできる
   と思います。その例はこの後のページで書いてみたいと思います。
   
◎キーが分からなくても、転調している部分が分からなくても、スケールが分からなくても、ジャズのフレ
    ーズを知らなくてもそれなりのアドリブはできますね。
 3、Bm7(♭5)は9thの音を外してあります。アボイドノートなので。


○左のCDでアドリブを試聴する事が出来ます

 ・クラリネットの演奏で、3コーラス分試聴できます。下の楽譜で言うと、小節番号41〜
  56が1コーラスです。16分音符中心のアドリブです。
 ・このCDでは最後の小節のコードはトニックマイナーコードのままで、最初に戻るため
  のドミナントモーション(2−5−1)は使っていないようです。下の楽譜で言うと、小節
  番号55・56と最初に戻って41と42の4小節間は聴いた限り同じコードになっている
  ようです。

   (どこをやっているのか分からなくなってしまう場合は、曲の雰囲気が変わったとこ
    ろが転調した部分だと覚えておくといいですね。下の楽譜で言うと小節番号49の
    ところです)

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。16小節で1コーラスなので、下の楽譜は小節数で言うと
2コーラス分になります。
ここをクリックすると、下の楽譜の音が聴けます。