曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13

「Blue Bossa」その3
  ブルー・ボッサ

★「コードトーン+9th」の音だけでのアドリブ
  下の楽譜の1コーラスめはコードトーン+9thの音だけで簡単なメロディを書いた例です。
  2コーラスめはコードの練習です。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★「ジェイミー」の曲集にあるブルー・ボッサについて
  ジェイミーの教則本やカラオケ付きの曲集がたくさん出版されていますが、Vol.54の中にカラオケが入
  っています。
  曲名が
Solar Flairとなっているのでよく見てみたことがなかったのですが、「ブルー・ボッサ」のカラ
  オケだということに今日気が付きました。

★ポイント
 1、ジェイミーの教則本や曲集に掲載されているコード・スケールは少しややこしくなっているものがありま
   す。中級者向けと言った感じですが、それを
シンプルなコードやスケールに書き直すことによってアド
   リブもやりやすくなります。
    
例えば、Vol.54の3曲目「ブルー・ボッサ」(Solar Flair)
     1、マイナーキーの一度のコードスケールと四度のコードスケールはドリアンで書いてあります。
       一度のコードスケールは
ナチュラルマイナースケールにするとやりやすいかもしれません。
       コードを「Am7」ではなく「AmM7」にして、ハーモニックマイナースケールかメロディックマイナー
       スケールにするのもいいかもしれません。

     2、セブンスコードは、オルタードスケールが書いてあります。
       マイナーキーなので、
ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケールにするとやりやす
       いと思います。
       このコードは
E7+9(アルトサックスの場合)と書いてあります。これはオルタードスケールを使う
       ことを意味していると思いますが、E7にしてオルタードを使わないということです。
       メジャーキーに転調している部分のセブンスコードはミクソリディアンスケールで書いてあります。

 2、テーマメロディはジェイミーが書いたメロディになっているので、これの代わりに「ブルー・ボッサ」のメロ
   ディで演奏します。
   著作権の関係で曲名とメロディを変えているのかもしれません。

 3、○に斜線を引いたコードが書いてありますが、これは
ハーフディミニッシュコードです。
   書き方が違うだけで、
マイナーセブンスフラットファイブと同じ音のコードです。コードスケールはロク
   リ
アンスケール
です。
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ちなみに「Vol. 54, Maiden Voyage」の中には、3−6−2−5」のフレーズが7種類書いてあ
 ります。例えばキーがCメジャーだとすると「
Em7−A7−Dm7−G7」と言うコード進行のアドリブフレー
 ズを練習することができます。inC、inB♭、inE♭用のページの楽譜も練習すると、7つのフレーズをいろ
 いろなキーで覚えられますね。



○左の曲集「Vol. 54, Maiden Voyage」
 4. Solar Flair
  これが「ブルー・ボッサ」のカラオケになっています。曲名とメロディが違っていますが
  コード進行と曲の構造が同じです。ラテンのリズムというのも同じです。
  (著作権の関係でこうしてあるのかもしれません)

  試聴できる部分は次のようになっています。
   ・ピアノの音がはっきり聴こえるところが下の楽譜で言うと小節番号88の2拍目か
    らです。
   ・小節番号92まで行って最初(77)に戻り、85に入ったところまで聴く事ができま
    す。

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。16小節で1コーラスなので、下の楽譜は小節数で言うと
2コーラス分になります。
ここをクリックすると、下の楽譜の1コーラス分の音が聴けます。