曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13

「Blue Bossa」その4
  ブルー・ボッサ

★スケールの練習

★ポイント

 1、簡単に言うと、下に書いてある
AナチュラルマイナースケールとB♭メジャースケールの2つを覚えるだ
   けで、この曲のアドリブはできます。
  
(前のページに書いているように、ジェイミーVol.54ではAドリアンスケールも使っています)

   ○「ここから4小節間・キーはB♭メジャー」と下の楽譜に書いていますが、その部分をB♭メジャースケ
     ールでアドリブをします。
   ○他の部分はAナチュラルマイナースケールでアドリブをします。E7の時だけ「ソ」に♯を付けます。
   ○これで、キーから外れないでアドリブをすることができます。


 2、「コードトーン+9th」を意識するとコード進行に気持ちよく当てはまったアドリブになります。

 3、メジャーキーの2−5−1フレーズ、マイナーキーの2−5−1フレーズを覚えて、アドリブに使うとジャズ
   らしくなります。私のサイトにもフレーズ例はいくつも掲載しています。

 4、「枯葉」のアドリブ楽譜をこの曲に応用することが出来ます。
   「枯葉」もほとんどメジャーキーの2−5−1で4小節、マイナーキーの2−5−1で4小節というようになっ
   ていますから、それぞれの部分のアドリブ楽譜をキーが合うように移調すれば使えます。

 5、リズムや音の出し方を工夫するといいです。
   シンコペーションのリズムや休符を意識したり、アクセントやスタッカートを工夫したりしてアドリブをする
   とジャズらしくなります。


下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。