曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13

■「Fly Me To The Moon」その2
  フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン 邦題「月に飛ぶ思い」

★曲の分析
  1、
キーはAメジャー(アルトサックス)で、下の楽譜はこれで書いています。
    ピアノ・ギター・トロンボーンではCメジャーです。
    ソプラノサックス・テナーサックス・トランペットではDメジャーです。
  2、Aメジャーのキーにないコードが使われている部分(一時的な転調)があるので、その部分は何の
    キーのコードを使っているのかを調べます。

 ★ポイント
  1、下の楽譜は、
何のキーの何度のコードが使われているのかを示したものです。
  2、コード一つだけ別のキーという場合などは、一時的な転調ではなく
「借用和音」と考えた方がいい
    ですが、何のキーから借りてきているのかが分かるように調号も示しています。
  3、楽譜によっては同じ小節でも違う機能のコードを使っていたりすることがあるので、下の楽譜は一
    つの例だと考えてください。
  4、下の楽譜の小節番号8は、F♯m7で書いてあった場合の音だと考えてください。

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。


それぞれのキーのコードトーン(2−5−1)とキーのスケール