曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13

★テーマメロディは掲載していません。

★この曲のアドリブコピー等は「コピー譜」のページ「ダウンロード」のページにも掲載しています。

「I've Never Been In Love Before」その1
  アイブ・ネバー・ビーン・イン・ラブ・ビフォー 邦題「初めての恋」

  ロマンティックでとても素敵な曲です。私はキャノンボール・アダレイのCDで初めて聴いたのです
 が、一度聴いただけで好きになってしまいました。


★この曲のアドリブについて考えてみたいと思います
  1、アルトサックス(in E♭)のキーで考えます。気が向いたら他のキーへの移調もしてみます。
  2、だいたい2拍ずつコードが変わる曲ですが、こういうのにも慣れるといいですね。
    
「ちょっと考えているうちに次のコードに移ってしまって、コード進行を後から追いかける感じに
    なってしまう」・・・・慣れるまでは、こんな感じだと思います。(私はまだ慣れていません)

  3、テーマメロディは下の楽譜の1段目・右端の小節から始まります。4拍目から始まるのですが、小節の
    途中から始まることを「アウフタクト」、日本語で「弱起」(じゃっき)と言いますね。


  ●この曲のアドリブコピーは「コピー譜」のページに少し掲載しています。



★この曲は、次のサイトで「ボーカル、フルートのアドリブ、テナーサックスのアドリブ」を少しだけ試聴するこ
 とが出来ます。
 June Christy『I’VE NEVER BEEN IN LOVE BEFORE』

○左のCDの7曲目がこの曲です。(残念ながら試聴することはできません)
   演奏  キャノンボール・アダレイ(アルトサックス)
        ストリングスがバックをやっています。


 チャーリーパーカーの「ウィズストリングス」もそうですが、どの曲もロマンティックで素敵
な曲と演奏です。アドリブも自然に流れるような感じで、私はこのCDを聴くたびに「いつ
かはこんなアドリブが真似できたらいいなあ」という気持ちになります。

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。
ここをクリックすると、コードの音が聴けます。「フィナーレ」だけの再生音です。