曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13 その14

★テーマメロディは掲載していません。下の楽譜は、コードトーンとテンションノートです。

「酒とバラの日々」その1
  THE DAYS OF WINE AND ROSES

  ○ジャムセッションでよく演奏される曲です。
  ○部分的な転調が何ヶ所かあります。

★この曲のアドリブについて考えてみたいと思います

 1、同じマイナーセブンスコードでも、3度と考えるか、2度と考えるか、6度と考える
   か
で使うスケールが違ってきます。

 2、
リディアンセブンススケールを使うコードが何回か出てきます。下の楽譜で言うと、
   「C7」です。
   キーに当てはまらないセブンスコードは、リディアンセブンススケールを使うことが多
   いです。

 3、下の楽譜で
小節番号59と175のコードは、楽譜によっては「Gm7」あるいは「Gm
   △7」にしているものもあるようです。私は「C7」にしていますが、この部分はジェイ
   ミーVol.40と同じです。

 ★「Gm7」を使うとメロディの「ファ♯」と音がぶつかるのですが、これをどう解釈するのか
   がややこしいです。アドリブの時だったら「ファナチュラル」にすれば問題ないですが。

 4、下の楽譜で、
「F♯m7」・「C♯m7(♭5)」その他は9th(アボイドノート)を外
   してあります。

 5、下の楽譜で、ハーモニックマイナーパフェクト5thビロウスケールを想定しているコード
   の「9th」の音は、「
♭9th」にしています。

 ○同じ曲でも楽譜によって使われているコードが少し違っていることがあります。また、演奏
  する人によってコードの解釈(使うスケール)が違うこともあります。



○左のCDの演奏はビンセント・ハーリングです。
  少しだけ試聴することができます。

ビンセント・ハーリングのホームページ

  
・サックスはアルト・ソプラノともヤナギサワ991
  ・アルトのマウスピースは
バンドレン(どのモデルかは知らないとのこと)
  ・ソプラノのマウスピースは
ヤマハ
  ・リードは
アレキサンダー
  ・キャノンボール・アダレイが好きらしいです。
  

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。
1段目4小節目の4拍目からテーマが始まります。
下の楽譜はコードトーン+9thです。

ここをクリックすると、楽譜を再生した音が聴けます。サイズを抑えてあるので音質は悪いです。