曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13 その14

★テーマメロディは掲載していません。

「酒とバラの日々」その2
  THE DAYS OF WINE AND ROSES

★スケール練習です。
  ・アルトサックス(in E♭)のキーで考えます。気が向いたら他のキーへの移調もしてみます。


★ポイント
 1、スケールは他の選択が可能なコードもあります。しかし、この曲に限らず教則本によっては「なぜこのス
   ケールを?」と悩んでしまうようなものもありますね。何のキーの何度のコードを想定しているかをよく見
   てみるといいと思います。
 2、下の楽譜に
示したスケールは初心者でもアドリブがしやすいと思います。
 3、前のページにも書きましたが、コード「C7」は
リディアンセブンススケールにしています。
   ジェイミーの曲集では「
C7+4」と書いてありますが、「+4」というのがリディアンスケールを意味してい
   ると思います。(自信はありませんが)

 4、小節番号123・139のコードは「Gm△7」にしてある楽譜もあると思います。その場合は、Gメロディッ
   クマイナースケールを使います。ただ、「Gm△7」でも下の楽譜に書いたCリディアンセブンススケール
   は合います。(この2つのスケールの構成音は同じです)
   カラオケあるいはバッキングが「Gm△7」で演奏している場合でも、「C7」と考えてリディアンセブンスケ
   ールでアドリブをしても合います。リディアンセブンススケールの構成音はアボイドノートがないので、ど
   の音を強調してもOKですから。

   ★Gm△7=GmM7         ジーマイナーメジャーセブンス
   ★メロディックマイナースケール   旋律的短音階

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。
ここをクリックすると、下の楽譜をフィナーレで再生した音が聴けます。サイズを抑えてあるので、音質は悪いです。

★次の楽譜は、見やすくするためにキーがDメジャーで調号だけを意識すればよい部分のスケールを省略した
 ものです。