曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13 その14

★テーマメロディは掲載していません。

「酒とバラの日々」その8
  THE DAYS OF WINE AND ROSES

アドリブのコピーをしました
  先週のテレビ朝日「題名の無い音楽会」(ジャズ特集)でこの曲をやっていました。羽田健太郎さんによる
 弦楽を含んだアレンジとピアノの演奏でした。テーマメロディのフェイクの仕方がかっこよかったです。
 曲の出だしの音使いをコピーしてみようかという気になりました。
  下の楽譜はこの番組とは関係なくて、アルトサックス奏者のアドリブです。1小節めは前のフレーズからつ
 ながっているのですが、その部分はカットしてあります。

★ポイント
 1、前のコピーより音使いが少し難しいです。つまり、このコードでこんなフレーズができるんだ」という勉
   強になります。私は、特にC7(リディアンセブンススケール)のフレーズが参考になりました。その7で私
   が書いているフレーズは、「ドミソシ♭」を使っていますが、これだとちょっとかっこよくないんです。初心
   者には分かりやすいと思いますが。
   
C7のリディアンセブンスは、「ドレミファ♯ソラシ♭」のどの音を強調してもOKですから、コードト
   ーンにこだわらなくていいんです。詳しくは「その13」に書いています。

 2、小節番号5の「ファ♯」「ラ」は9thと11thですね。
 3、小節番号7は、1拍目まで前のEm7が伸びたと考えると分かりやすいですね。1拍目がEm7のフレー
   ズだというのは最初の「シ」がナチュラルになっていて、前の小節から「ミソシレ」と続いていることから分
   かります。伴奏のコードとアドリブで想定してるコードがずれてから合うというのも味わいが出ますね。
 4、小節番号11の「レ♯」「ファ♯」は、「ミ」に向かっているアプローチノートです。
 5、小節番号12の「ファ♯」は、13thです。G7で言うと「ミ」になりますが、このテンションノートの練習は「フ
   レーズ練習その5」などに掲載しています。
 6、小節番号13は、1拍目からF♯7のコードでアドリブしています。オルタードスケールを使っています。
   他のページでも書いているように、2−5のコード進行は5度7のコードを想定してアドリブできます。
 7、小節番号14の「ファナチュラル」は、コードBm7の音ではないですが、次のE7の♭9thになります。つ
   まりこの小節も1拍目からE7でアドリブをしているということになります。一瞬音がぶつかりますが、そう
   いうのも味わいの一つですね。

 書くのがちょっとめんどうになってきたので、このへんにしておきます。

ここをクリックすると、下の楽譜を再生させた音が聴けます。
下の楽譜は「inE♭」です。