曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13 その14

★テーマメロディは掲載していません。

「酒とバラの日々」その9
  THE DAYS OF WINE AND ROSES

アドリブを書いてみました。その2
 

★ポイント
 1、小節番号172の「ソ」は♭13thのテンションノートです。
 2、オルタードスケールは使っていません。「その2・スケール練習」に書いているスケールだけを使ってい
   ます。
(その3と書いていたので訂正しました)
 3、スケールに無い音も使っていますが、それはアプローチノートやパッシングノートです。
   例えば
   小節番号181「レ♯」・・・・・・・・・・・・・・「ミ」につなげるアプローチノート
    
(前に書いた例が良くなかったので、上記の例に変えました)
   小節番号159「シナチュラル」・・・・・・「ド」から「シ♭」につなげる半音階的なパッシングノート

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 
パッシングノート(経過音)について
 ・メロディの音と音の間をなめらかにつなげる音で、コードトーン(root・3rd・5th・7th)以外の音です。
 ・音自体はテンションノートと同じ場合もありますが、「間をつなげる音」か「緊張感を与える音」かという違い
  があります。
   例えば コードCの時に「レ」を使った場合
   「ド・レ・ミ」と使う場合のレはパッシングノートです。
   「ミ・ソ・シ・レ」と使う場合のレは9thのテンションノートです。

 ・下の楽譜は半音でつなげていますが、全音でつなげることもあります。(メロディによります)
 ・
パッシングコードというのもあります。コードとコードをなめらかにつなげるコードで、コード進行上の機能
  はないです。

ここをクリックすると、下の楽譜を再生させた音が聴けます。
下の楽譜は「inE♭」です。