曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13 その14

★テーマメロディは掲載していません。

「酒とバラの日々」その11
  THE DAYS OF WINE AND ROSES

コードトーン+9th+スケールの練習
  「アドリブをする時、コードネームを見てもどの音に♯や♭を付けるのかがすぐに分からない」
  これが、アドリブが出来ない大きな原因の一つですからそれを克服する練習です。


★ポイント
 1、この練習は音を外さないようにするための練習です。コード進行に合わせて音を出そうとする時に、♯
   や♭をどの音に付けるのか又は付けないのかを迷っているとアドリブも思うようにできません。
 2、下の楽譜は、
コードトーンが全て拍の頭になるようにしています。そのため、例えば小節番号219
   のようにリズムを工夫しています。
 3、下の楽譜はコードトーンで上がってスケールノートで下がるようにしていますが、スケールで上がってコ
   ードトーンで下がるとかコードトーンで下がってスケールで上がるなどの練習方法も工夫すると良いと思
   います。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★アドリブができるようにするには
 1、それぞれのコードのコードトーン+9thを練習する。これだけでも「その3」に書いたようなアドリブはでき
   ます。
 2、スケールの音を練習する。
 3、使いたい2−5−1フレーズなどを下のコード進行に当てはめて繰り返し練習する。
 4、コピー譜を繰り返し練習する。
 5、この曲のアドリブ演奏をCDなどで繰り返し聴く。
 6、カラオケに合わせてテーマメロディのフェイクと簡単なアドリブをやってみる。
 7、出来ればアドリブのコピーをしてみる。出来ればアドリブ楽譜を書いてみる。


ここをクリックすると、下の楽譜を再生させた音が聴けます。
下の楽譜は「inE♭」です。