曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13 その14

★テーマメロディは掲載していません。

注・・・下の楽譜の2段目のコードネームを「F7」「F♯7」と2つ書いてしまいましたが、「F♯7」が正しいです。
    下の楽譜の3段目のスケール名を「Gのハーモニックマイナースケール」と書いていましたが、正しくは
    「Gのメロディックマイナースケール」です。

    

「酒とバラの日々」その13
  THE DAYS OF WINE AND ROSES

アドリブ理論その4

  
リディアンセブンススケールのアドリブ


★ポイント
 1、「酒とバラの日々」では「C7」でこのスケールを使います。(inE♭の場合)
   「2−5−1」進行の「5」ではないということです。(これがちょっとややこしいですね)

 2、この曲ではコード「C7」の時に「C」のリディアンセブンススケールを使うのですが、このアドリブのときに
  「F♯」のオルタードスケールだと思ってアドリブをすればいい感じになります。

   
つまり、「リディアンセブンススケールのアドリブはどうすればいいのだろうか?」と悩まないでも、オルタ
  ードスケールのフレーズを使えば良いということです。
     CリディアンセブンススケールF♯オルタードスケールのフレーズ
     仮にFリディアンセブンススケールだったらBオルタードスケールのフレーズを使います。
    
こちらのページでオルタードスケールのフレーズを少し掲載しています。

  
注・・・「酒とバラの日々」「その1〜その12」の練習楽譜はこのページに書いた方法で書いていません
      が、
「その8」のコピー譜を見ていただけると、このページに書いたことが分かりやすいかと思い
      ます。



○理論1  ○理論2  ○理論3

ここをクリックすると、一番下2段の楽譜を再生させた音が聴けます。
下の楽譜は「inE♭」です。
注・・・・私はF♯オルタードスケールの4番目の音は「ラ♯」で書いていますが、「シ♭」で覚えた方が分かりやす
    いという人もいるかもしれません。