曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13

★テーマメロディは掲載していません。「コピー譜」のページに聴くことが出来るサイトのリンクを貼っています。

「シークレット・ラブ」その2
  SECRET LOVE

★コード進行の簡単な分析です。
  
難しいことを知らなくても、フレーズを覚えていなくても下の楽譜だけで簡単なアドリブができます。
  
注・・・・下の楽譜はアルトサックスで演奏できるようにinE♭で書いています。


★ポイント
 1、この曲のキーはCメジャーです。転調は、Cメジャー、Gメジャー、Fメジャー、Cメジャーとなっているの
  で、調号も変えて書いてあります。理解と練習ができたら、頭の中だけで転調(調号)を意識できるように
  します。(普通の楽譜は調号を変えていないので)

 2、下の楽譜の中の調号を見れば、それぞれのコードで使われるスケールを覚えなくても何の音に♯や♭
  を付ければよいのかが分かります。(A7とE7は少し注意が必要です)

 3、コードA7については、『「理論3」コードトーンとスケールの決め方』のページで説明をしています。
 
 4、コードE7については、「マイナーキーの2−5−1」で説明をしています。 

 5、キーCメジャーのEm7−A7−Dm7−G7−Cのフレーズ練習をしておくとアドリブがしやすくなります。
   (このフレーズ練習は「フレーズ練習」のページに掲載しています)


 
★それぞれのコードにおけるスケールは下の楽譜を見れば分かると思いますが、別のページで掲
  載する予定です。


下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。
★2小節目後半に「G7」が抜けていたので、付けました。すいません。